赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊の原因

不妊の原因

ここでは、不妊の原因について詳しく説明しています。

不妊の潜在的患者数は100万組以上?

一般的に「子どもを望んでいる夫婦やカップルが、1年以上の性生活があるにもかかわらず妊娠しない」ことが不妊の定義とされています。

ひとくちに不妊といっても、その原因には様々なものがあります。かつては主に、女性側の問題が比重を占めていたようですが、近年は男性側の機能不全が不妊を招いているケースも少なくありません。

近年、不妊に悩み治療を行っている患者数は約46万人以上、潜在患者数は推定で140~150万組いると考えられています。200万組以上いると考える医師もいるようです。

若いから大丈夫、避妊をしなくなったらすぐ妊娠するだろうと思っているカップルや夫婦の中にも、不妊症の予備軍が多くいると考えられます。

不妊の原因は男女ともに多種多様

不妊の原因は、女性側であれば子宮内膜症・習慣性流産・不育症・着床障害・子宮障害などが主なものとしてあげられ、男性側の場合には造精障害・機能不全・勃起不全などがあげられます。

また、どちらにも際立った問題がないにもかかわらず妊娠できない「機能性不妊」といった人たちもいるようです。ストレスやセックスレスなども不妊の原因となることがあります。

このように、不妊の原因は男女ともに様々で、きちんとした検査をしないと治療はおろか原因を特定することもできないのです。

まずは病院でしっかりと検査を受け、原因を特定して治療をしていきましょう。

検査から原因を突き止め、的確に治療

不妊かどうか、不妊であればどんな症状でどのような治療法が適しているのかは、検査で詳しく調べることが可能です。

検査には、女性側・男性側それぞれの原因を調べるために様々な方法があります。

どちらに原因があるのか、または両方に不妊傾向があるのかは、問診だけではなかなか判断できないもの。不妊検査を受ける際は、夫婦・カップルで一緒に受けることが望ましいといえます。

子作りは決して一人ではできません。パートナーがお互い協力することが、妊娠への近道なのですね。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談