赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊の原因 » 晩婚化・高齢

晩婚化・高齢

ここでは、晩婚化や高年齢出産について記載しています。

社会の変化が不妊を生む?

不妊症に悩む夫婦

不妊に悩む夫婦やカップルは年々増加しているといわれています。

このところ目立っているのは30代以上の女性の不妊症です。社会進出する女性が増えたことで晩婚化が進み、近年は初めての出産が30歳以上というケースも珍しくありません。

一般的に妊娠適齢期は「20代~30代半ば」といわれています。

しかし、30代で結婚して子供を授かるとどうしても第2子を作るのは30代半ば以上になってしまいます。それでもとにかく1人でも子供を授かった人はよいですが、望んでいるのにどうしても妊娠できない人は、ますます焦りを感じてしまうことでしょう。

このような状況は、少子化にも拍車をかけています。

 

加齢による生殖機能の衰え

加齢によって体力や抵抗力などが低下すると同時に、どうしても生殖機能は衰えていきます。

30代半ばと20代半ばでは、妊娠する確率も変わって当然。できれば20代で第1子をもうけ、その後様子を見ながら第2子を妊娠するのが理想だといえます。

しかし、仕事をしている女性は自分の都合だけで子供を作ることは難しく、二の足を踏んでしまうことも少なくないようです。

また、子供が生まれた後も育休がとれる会社なら問題ありませんが、そうでなければ親や親戚にみてもらったり託児所などに預けなくてはなりません。子供に何かあったら会社を早退したり、休んだりしなければならない時もあるでしょう。

このように育児面でも負担がかかることを考えたら、妊娠に踏み切れないことは当然だといえます。

子供は欲しい、でも仕事があるから諦める。仕事を優先すれば婚期も逃してしまうこともあり、気がついたら妊娠適齢期を過ぎてしまうわけです。

妊娠するかしないかは、よく考えて

仕事をとるか子供をとるかは、その人の生き方ですからどちらが正しいとはいえません。しかし、子供を授かりたいと思うのであれば、生活環境を変える努力も必要です。

育休のある会社に転職する、パートナーと家事や育児を分担するなど簡単なことではありませんが、妊娠しやすい時期を逃さないようにしてください。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談