赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊の原因 » 抗精子抗体/子宮内膜症

抗精子抗体/子宮内膜症

ここでは、抗精子抗体や子宮内膜症について詳しく説明しています。

精子に拒否反応を起こす障害

お医者さんと話す夫婦

「基礎体温を測って排卵期にセックスしているのに、なかなか妊娠に結びつかない」「精液検査結果は基準を満たしているはずなのに…」という場合、「抗精子抗体」を疑う必要があります。

「抗精子抗体」とは、射精された精子を女性側が異物とみなし、それに対する免疫反応として抗体ができることをいいます。

抗精子抗体が強い場合、精子は頸管粘液に触れた途端に動かなくなってしまうのです。なお、抗体は子宮腔・卵管内・卵胞液内にも出現します。つまり「精子を攻撃、排除してしまう」わけですから、妊娠しにくくなり不妊の原因となるのです。

これは妊娠経験のない人だけはなく、妊娠や出産経験のある人にも起こる可能性があります

抗精子抗体はそれほど多くの人に起こる症状ではなく、その理由も詳しくは解明されていません。ですが、抗精子抗体が陽性でも妊娠することはできます。抗体価(抗体の強さ)が低いときには人工授精、高い場合は体外受精顕微授精が有効となります。

不妊につながりやすい「子宮内膜症」

「子宮内膜症」とは、子宮内膜や子宮内膜様の組織が子宮の内腔以外の場所(卵巣・ダクラス窩・S状結腸・直腸・仙骨子宮靱帯・腟・外陰部・膀胱・腹壁・へそなど)にできる病気のことです。

エストロゲンの影響で厚くなった子宮内膜は、妊娠しなければ月経として排出されますが、この子宮内膜組織を含む月経血が何らかの原因で体内に溜まります。その結果、チョコレート嚢胞ができたり、臓器との癒着などが起こるのです。

なお、子宮筋肉内に発生した場合は子宮全体が膨れ「子宮腺筋症」と呼ばれる病気となります。

子宮内膜症は進行が軽度であっても不妊の原因になることがあります。

月経周期の短い人は要注意

子宮内膜症の症状としては、「月経痛や腹痛、腰痛が起こる」「セックス時に痛みを感じる」「経血の量が多い」「月経の時以外にも生理痛に似た鈍い痛みを常に感じる」などがあります。

子宮内膜症は、月経が始まってから年齢があがるほど増加します。ですから10代で発症する人はほとんどいません

また、月経周期が短く月経の期間が長い人の方がかかりやすいといわれています。妊娠・授乳で月経が停止すると自然に治ることもある反面、子どもをつくらない女性やストレスが溜まっている人は発症しやすいそうです。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談