赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊の原因 » 男性側の問題

男性側の問題

ここでは、男性側の不妊原因・勃起障害などについて詳しく説明しています。

男性にも不妊の原因がある

診察を受ける男性

「子供が欲しいのになかなか妊娠しない」場合、かつて日本では主に女性側に問題があるとされていていました。

さらに、そのことが原因で心身共に傷ついた人もあったようです。

しかし現在の医学においては、不妊の原因は女性だけでなく男性にもあることがわかっています。

現在、夫婦10組に1組は不妊症とされ、 女性だけに原因があるのは約41%、男性だけに原因があるのは約24%だといわれています。

男女共に原因があるとされるのは約24%、残りの約11%が原因不明とのことですから、約半数の原因が男性側にもあるといえます。

元気な精子が妊娠の要

男性が原因の場合には、射精がうまくいかないなどの「性機能障害」、精子の数が少ない・運動率が悪いといった「精液性状低下」に分けられます。

主な性機能障害には、ストレスや疲労などにより充分な勃起ができず、セックスがうまくいかない「勃起障害(ED)」、セックスは可能でも腟内射精が困難な「腟内射精障害」といった症例があります。

また、不妊治療として行われる「タイミング法」において、射精のタイミングを気にしすぎてしまうとセックスそのものに支障をきたす場合もあるようです。

「精液性状低下」では、「造精機能障害」と「無精子症」がよく知られています。

前者は、精巣での精子形成や精巣上体での運動能獲得過程の異常で、精子の数が減少し「精子運動率低下(精子の動きが悪くなる)」を引き起こすことをいいます。また、奇形率も増加してしまいます。

後者は、精液中の精子の数が極めて少ない(通常の1/100以下など)、あるいは運動率が極端に低い(20-30%以下)ケースを指します。これは造精機能障害を始め、低ゴナドトロピン性性腺機能低下、おたふく風邪による耳下腺炎性精巣炎などによって引き起こされると言われています。

セックスレスも不妊の引き金に

「セックスレス」も不妊症の原因のひとつにあげられます。セックスレスとは、夫婦の間で1ヶ月以上セックスが行われない状況をいいます。

現代人の特徴としてセックスレスの夫婦は増加傾向にあります。

その原因には、社会の変化も影響しているようです。
たとえば、女性の社会進出により30歳を過ぎてからの結婚、いわゆる晩婚も珍しくなくなりました。相手の男性も30歳以上が多いわけですが、性欲を司る男性ホルモンの分泌量は20代がピークで、30代から徐々に減少していきます。

個人差はあるでしょうが、性衝動が起きにくくなればセックスの回数も自然と少なくなってしまいます。また「仕事が忙しく、疲れがとれない」「セックスするより寝る方がいい」という男性も増えていると聞きます。

子供が欲しいと考えているのであれば、セックスレスの生活を改善していくことも必要だといえます。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談