赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊の原因 » 卵管の問題

卵管の問題

ここでは、卵管障害について詳しく説明しています。

卵管の機能に不具合が出ると…

「卵管」は妊娠にとって大切な器官です。卵管を通ってきた精子が排卵された卵子と受精し、その受精卵が卵管を通って子宮へと向かい着床します。

しかし、何らかの原因で卵管に問題が起こると、妊娠することが難しくなります。

卵管の不具合によって、不妊状態に陥ってしまう夫婦やカップルは少なくありません。その原因には以下のようなものがあげられます。

片方の卵管があれば自然妊娠は可能

卵管がふさがってしまうと排卵された卵子を卵管内に取り込めなくなり、不妊症の原因になります。

ただし、卵管は左右2本あるため、片方の卵管が正常であれば自然妊娠することは可能です。逆に両方の卵管が詰まってしまうと、きちんと治療をしない限り自然妊娠は難しくなります。

原因不明の不妊症状「ピックアップ障害」

お医者さんと話す夫婦

不妊につながる卵管障害には、基本的な不妊症検査を行なっても原因が分からない機能性不妊症のひとつである「ピックアップ障害」があります。

これは卵子を卵管内に取り込めない、または卵管内に取り込む機能が働かない症状をいいます。

このような状態では、精子と卵子は出逢うことができません。つまり受精の機会を逃すことになります。

「ピックアップ障害」は出産を経験した女性にも起こります。「2人目が欲しいから努力しているのに、まったく兆候が表れない」という夫婦やカップルの場合は、この障害を疑う必要があります。

検査をしないとなかなか気付きにくいので、まずは産婦人科に相談してみてください。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談