赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療にかかる費用

不妊治療にかかる費用

ここでは、不妊治療の費用について詳しく説明しています。

高度生殖医療は保険がきかない

当たり前ですが、不妊治療を受けるためには費用がかかります。

しかし、風邪や花粉症、骨折などよくある病気や怪我の治療とは違い、どのくらいのお金が必要なのかよくわからない人が多いのでは…?

通常の疾病と同じく、不妊治療にも「保険適応内」の治療と「自由診療」のものがあるのですが、前者は3割負担、後者は、病院や各種医療機関によって金額が変わります。

「タイミング法」といった初期の一般不妊治療であれば保険診療の範囲内。しかし、それでは改善されなかった場合は、人工授精や体外受精などの「高度生殖医療」が必要になり、こちらは健康保険が使えません

初診でかかる治療費と保険適用について

不妊治療には、保険が適用できるものとできないものがあります。ここでは保険が適用できる治療を受けるにあたって、どんな治療方法があり、初期費用はどれくらいかかるのかを見ていきましょう。

治療費用別にみる不妊治療の種類

不妊治療の内容によって、初診費用が異なってきます。受精率が高くなる治療を行えば、かなりの高額になっていくようです。初診費用が安い治療は3種類、高額治療は2種類あります。

安価~比較的安価な費用の不妊治療

高額な費用が必要になる不妊治療

不妊治療は継続して行うものなので、ある程度の効果や結果がでるまで続けることを考えておいてください。タイミング法や排卵誘発法を行っても妊娠の兆候が表れない場合は、人工授精の治療を行うことになるのです。それでも受精しなければ、最終手段として妊娠率の高い体外受精や顕微授精を行って妊娠を試みます。しかし、「高度生殖医療」である体外受精や顕微授精は、どちらも保険適用外なのでどうしても高額費用が必要となってきます。

保険が適用される治療

以下の不妊治療は、保険が適用できる一般不妊治療になります。

どの治療を行うにしても、初診を行う前に本当に不妊治療が必要なのか検査をします。検査には1~2ヶ月ほどかかりますので、初診の時期がいつになっても、無駄にはなりません。不妊治療を受ける準備が整ってから、受診をしても大丈夫です。

しかし、中には直ぐにでも初診したいと思っている人もいますが、生理中は既に卵子が体の外に排出されてしまっている状態なので、超音波検査や内診が受けられません。

不妊検査ができるタイミングもありますので、事前に病院に問い合わせて検査ができる時期を確認することをおすすめします。

助成金も要チェック

不妊治療は費用がかかるため、国や地方公共団体は助成金を設けています。

国(厚生労働省)が取り組んでいるのが「不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要」で、これは「体外受精」「顕微受精」に対する助成制度です。市区町村が独自に行っている助成制度は、どの治療法に適応されるのか個々によって異なっています。不妊治療を開始する際には、一度相談するといいですよ。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談