赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療で使われる薬剤

不妊治療で使われる薬剤

ここでは、不妊治療で使われる薬剤について詳しく説明しています。

不妊治療に使われる薬剤とは

近年、不妊治療といえば「人工授精」「体外受精」「顕微授精」を思い浮かべる人が多いと思われます。

導入当初は「自然妊娠ではない」ということで、拒否反応も少なくなかったようですが、最近は子供を授かりたいと切に願う夫婦やカップルが積極的に治療を受けていることから、すっかり市民権を得たといえるでしょう。

それを裏付けるように、2012年には国内の医療機関で約32万6千回の体外受精が行われ、3万7,953人の子どもが生まれています(日本産科婦人科学会)。

この年の総出生数は約103万7千人で、体外受精による子どもの割合は約27人に1人だったそうです。

また、不妊治療には薬を使うケースもあります。排卵を促進、質の良い卵子を複数育てるなど、それぞれの悩みを改善する、身体の状態に合った薬を投与。妊娠の確率をアップさせるのが目的です。

不妊治療に使われる主な薬は「排卵誘発剤」「GnRH剤」「卵胞ホルモン剤」「黄体ホルモン剤」「卵胞・黄体ホルモン剤」などがあげられます。投与の方法としては「内服薬」と「注射剤」があり、前者は効果が穏やかで、後者は効果が強くなっています。

薬剤には副作用がある

ただし、不妊治療の薬には副作用があり、体質や体調から治療効果が下がる事も考えられます。

不妊治療のために始めたはずなのに、身体に負担がかかって一旦中断…となってしまっては、大変つらいですよね。

内服薬は副作用が少なめだということですから、まずは内服薬で様子を見ることも可能です。お医者さんとしっかり相談をして、自分に必要な治療方法を実施していきましょう。

薬だけでなく、妊娠しやすい環境作りも大事

薬を使っただけで、必ずしも不妊が改善されるわけではありません。

食生活に注意する、規則正しい生活を心がけるなど、生活習慣も見直すことが大切です。また、ストレスをためないようにするのも忘れてはいけません。不妊治療で最も重要なのは「妊娠しやすい体を作る」ことです。

不妊治療には個人差があります。年齢やその時の体調などによっても変わりますし、人によって治療法にも向き不向きがあります。タイミング法で結果が出なくても、人工授精を行ったらあっという間に妊娠したという人もいます。

妊娠しやすい体を作るには、自分ひとりの力ではなく周りの協力も必要です。旦那さんや家族の協力を得て、健康的な生活を心掛けることから始めてみましょう。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談