赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療で使われる薬剤 » 排卵誘発剤

排卵誘発剤

ここでは、排卵誘発剤について詳しく説明しています。

排卵誘発剤の基礎知識

考えている女性

排卵誘発剤とは、排卵を促進するために使う薬で、基本的に「無月経」「無排卵」といった排卵障害のある人に使用されます。

また「タイミング法」でなかなか結果が出ない人、正常に排卵している人にも効果が期待でき、妊娠率が上昇するといわれています。

排卵誘発剤にはいくつかの種類があり、摂取にも経口タイプと錠剤タイプ、または注射などの方法があります。主な排卵誘発剤は以下の通りですが、患者の希望や身体の状態(下垂体ホルモン、卵巣ホルモン、年齢、精子状態、過去の不成功例)などを参考に、適切な排卵誘発剤を選択します。

クロミッド(内服)

排卵障害による不妊症に用いる、代表的な排卵誘発剤です。

同類薬のシクロフェニル(セキソビット)よりも作用が強く、効果が確実だとされています。クロミッドは性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン)の分泌を増やすため、卵胞が大きく育ち排卵が促進されます。

無排卵周期症の場合で排卵の成功率は約7~8割以上、無月経でも約6~7割です。

一般的な使用法は、生理開始の5日目から1日1錠を5日間服用。服用終了後、1~2週間で排卵が起こります。なお、排卵の有無を確認するためには基礎体温の測定が必要です。

デメリットとしては、頚管粘液の分泌抑制や子宮内膜への悪影響などがあげられます。副作用は少ないほうですが、効きすぎると卵巣が腫れるほか、吐き気・頭痛・ほてり・いらいら感・倦怠感・目のかすみなどが出る場合があります。

セキソビット

排卵障害が比較的軽い、排卵を早めたい場合などに服用します。

同類薬のクロミッドと比較すると排卵作用はやや劣るようですが、頸管粘液の分泌抑制が少ないというメリットがあります。卵胞刺激ホルモン黄体形成ホルモン(共に性腺刺激ホルモン)の分泌を増加させ、前者によって卵胞が成熟、後者によって排卵がうながされます。

一般的な使用方法は、生理開始の5日目から5~10日間服用。服用終了後、1~2週間程度で排卵が起こります。

排卵の有無は基礎体温で確認しましょう。副作用は少ないほうですが、「卵巣腫大症状」のリスクがあるほか、吐き気・食欲不振・頭痛・だるさ・ほてりなどが出る場合があります。

排卵誘発剤の注射について

排卵誘発剤の注射には、目的に応じて2つの種類があります。

hMG注射

「hMG注射」は卵胞を育てるためのもので、生理開始後に医師の指定する日から投与します。特徴としては、投与する注射の種類や投与量を調整することで卵胞の数をコントロールすることが可能です。

hCG注射

「hCG注射」は、より確実に排卵させるための注射薬です。

卵胞が十分に発育したことをエコーで確認して接種。打ってから36~48時間程度で排卵が起こるため、この時間にタイミング法を行うと妊娠率が高まります。

生理開始後、医師の指定する日から投与を開始し、こちらも注射の種類や投与量の調整で卵胞の数をコントロールできます。

なお、注射で排卵誘発を行う副作用としては「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」「多胎妊娠」を引き起こす可能性があります。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談