赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療で使われる薬剤 » ホルモン剤・その他

ホルモン剤・その他

ここでは、不妊治療で使用するホルモン剤について詳しく説明しています。

ホルモン剤の基本

看護婦さん

不妊治療には、「排卵誘発剤」のほかに「ホルモン剤」なども使用されます。

ホルモン剤とは端的にいうと「女性ホルモンが配合された薬」で、主なものとしては子宮内膜を整える「卵胞ホルモン剤(エストロゲン)」、着床率をあげる「黄体ホルモン剤(プロゲステロン)」、無排卵状態を作って卵巣を休ませる「卵胞・黄体ホルモン剤」が知られています。

ホルモン剤は女性特有の不調を改善するもので、不妊治療はもちろんのこと、生理不順や月経前症候群、更年期障害、さらに子宮筋腫や子宮内膜症、子宮癌や乳癌といった疾患にも使用されます。

代表的なホルモン剤

いくつか、代表的なホルモン剤を紹介します。

卵胞ホルモン剤

卵胞ホルモンが不足しているときに使われます。子宮内膜のコンディションを整えて着床しやすくする特徴があり、主な製品として「プレマリン」「エストラーナ」などがあります。

「プレマリン」には内服剤、腟錠があり、用法・用量については医師や薬剤師の指示に従ってください。勝手に量を増やしたり減らしたりしてはいけません。服用するときは、十分な水(コップ1杯の水)で飲むようにします。

なお、使用中に喫煙をすると高血圧症などを引き起こすことがあるため、煙草は控えましょう。主な副作用としては食欲不振・吐き気・脱毛・じんましんなどです。

黄体ホルモン剤

黄体機能不全など黄体ホルモンの分泌が十分でない時や、着床率を上げるために使われます。また、子宮内膜を増殖させるなど妊娠の準備を行い、乳腺の発育、乳汁の分泌を促します。

主な製品としては、「プロベラ」「ディファストン」「ルトラール」「プロゲデポー」「ウトロゲスタン」などがあります。

「プロベラ」は錠剤で、食後の服用が原則です。用法・用量については医師の指示に従い、勝手な中止や減量・増量は厳禁です。副作用としては、発熱・かゆみなどのアレルギー症状をおこすことがあります。また、吐き気、頭痛などが出る人もいます。

卵胞・黄体ホルモン剤

無排卵の状態をつくり、卵巣を休ませるときに使用。避妊薬のピルも卵胞・黄体ホルモン剤のひとつで、主な製品は「トリキュラー」「プラノバール」などです。子宮内膜や頚管粘液に対する作用もあります。

「トリキュラー」には避妊効果以外にも、生理痛や生理不順の解消、長期的には卵巣がんの予防効果も期待できます。副作用としては、飲みはじめに不正出血・吐き気・頭痛・乳房の張り・乳房痛などがみられます。このような症状は、ホルモン環境が一時的に変化したことと考えられるため、それほど心配いりません。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談