赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療で使われる薬剤 » ホルモン剤・その他

ホルモン剤・その他

ここでは、不妊治療で使用するホルモン剤について詳しく説明しています。

ホルモン剤の基本

看護婦さん

不妊治療には、「排卵誘発剤」のほかに「ホルモン剤」なども使用されます。

ホルモン剤とは端的にいうと「女性ホルモンが配合された薬」で、主なものとしては子宮内膜を整える「卵胞ホルモン剤(エストロゲン)」、着床率をあげる「黄体ホルモン剤(プロゲステロン)」、無排卵状態を作って卵巣を休ませる「卵胞・黄体ホルモン剤」が知られています。

ホルモン剤は女性特有の不調を改善するもので、不妊治療はもちろんのこと、生理不順や月経前症候群、更年期障害、さらに子宮筋腫や子宮内膜症、子宮癌や乳癌といった疾患にも使用されます。

代表的なホルモン剤

いくつか、代表的なホルモン剤を紹介します。

卵胞ホルモン剤

卵胞ホルモンが不足しているときに使われます。子宮内膜のコンディションを整えて着床しやすくする特徴があり、主な製品として「プレマリン」「エストラーナ」などがあります。

「プレマリン」には内服剤、腟錠があり、用法・用量については医師や薬剤師の指示に従ってください。勝手に量を増やしたり減らしたりしてはいけません。服用するときは、十分な水(コップ1杯の水)で飲むようにします。

なお、使用中に喫煙をすると高血圧症などを引き起こすことがあるため、煙草は控えましょう。主な副作用としては食欲不振・吐き気・脱毛・じんましんなどです。

黄体ホルモン剤

黄体機能不全など黄体ホルモンの分泌が十分でない時や、着床率を上げるために使われます。また、子宮内膜を増殖させるなど妊娠の準備を行い、乳腺の発育、乳汁の分泌を促します。

主な製品としては、「プロベラ」「ディファストン」「ルトラール」「プロゲデポー」「ウトロゲスタン」などがあります。

「プロベラ」は錠剤で、食後の服用が原則です。用法・用量については医師の指示に従い、勝手な中止や減量・増量は厳禁です。副作用としては、発熱・かゆみなどのアレルギー症状をおこすことがあります。また、吐き気、頭痛などが出る人もいます。

卵胞・黄体ホルモン剤

無排卵の状態をつくり、卵巣を休ませるときに使用。避妊薬のピルも卵胞・黄体ホルモン剤のひとつで、主な製品は「トリキュラー」「プラノバール」などです。子宮内膜や頚管粘液に対する作用もあります。

「トリキュラー」には避妊効果以外にも、生理痛や生理不順の解消、長期的には卵巣がんの予防効果も期待できます。副作用としては、飲みはじめに不正出血・吐き気・頭痛・乳房の張り・乳房痛などがみられます。このような症状は、ホルモン環境が一時的に変化したことと考えられるため、それほど心配いりません。

ホルモン剤は子宮内膜症の治療にも有効

ホルモン剤は子宮内膜症の人にも使用します。その理由としては、子宮内膜症はエストロゲンというホルモンが分泌されることによって進行していくことがわかっているからです。このエストロゲンを抑制するために「GnRHアゴニスト製剤」や「ダナゾール製剤」というホルモン剤を使用します。この治療方法は注射、内服薬、点鼻薬の3つがあります。

そもそも子宮内膜症って何?

通常、子宮内膜は子宮の内側にできる膜のことです。エストロゲンやプロゲステロンなどによって子宮内に作られ、受精卵が着床しやすいようにする役割をし、妊娠しない時は子宮内膜が剥がれて生理が来ます。

子宮内膜症は、子宮内側でない場所に子宮内膜ができる症状のことを言います。他の場所で子宮内膜ができたり剥がれたりを繰り返すと、炎症を起こしたり組織同士が癒着したりしてしまいます。卵巣にできてしまうと、血液が溜まり古くなるとチョコレート嚢胞にもなってしまいます。

子宮内膜症に見られる症状とは?

【生理痛がひどくなる】

生理痛がひどくなる症状は子宮内膜症の9割の人が訴える症状です。

子宮内膜症になると生理のたびに子宮内膜の範囲が大きくなってしまうので痛みがひどくなります。

【性交時に痛むことがある】

子宮内膜症が子宮と直腸の間にあるくぼみにできた場合は、性交時に膣の奥が痛むことがあります。

【排便時に痛みを伴うことがある】

直腸に子宮内膜症を発症している場合は、生理中の排便で校門の奥に痛みを感じることがあります。

子宮内膜症の検査方法

子宮内膜症の検査方法にはいつくかの種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

問診による検査

問診というのは、医師の質問に答えてどんな症状が出ているのか、どんな体質なのかといったことを調べることです。自覚症状、今までにかかった病気、服用している薬、妊娠しているかなどの質問から子宮内膜症の疑いがないか判断します。

内診による検査

内診というのは、医師が膣内に指を入れたり、目視をしたりして膣内の様子を確認するというものです。子宮や卵巣の大きさや癒着の具合などが分かり、子宮内膜症の診断に欠かせない検査です。

検査器具による検査

子宮内膜症には診断するための専用の検査器具というものがあります。器具を使った超音波検査や腹腔鏡検査などで子宮の状態や子宮内膜症の程度を調べます。

その他の検査

補助的な役割として血液検査や直腸診を行うこともあります。直腸診は性行為の経験がない人に対して行うことも多いです。

子宮内膜症と不妊の関係性

子宮内膜症になった人全員が不妊症になっているわけではありません。子宮内膜症になった人の内不妊症になる人とならない人の割合は約50%ずつだろうと考えられています。

子宮内膜症が不妊症につながる原因はいくつかあります。まず考えられるのは物理的なもので、炎症や癒着が原因で組織が変形するというものです。その他、子宮内膜症になると分泌される物質の化学的な影響も考えられます。

子宮内膜症になった場合の不妊治療

子宮内膜症というのは原因が明らかになっていないため子宮内膜症を治す方法もまだはっきり分かっていません。痛みを緩和するためには生理を止める薬を使いますが、妊娠を考える場合は向かない治療方法です。

妊娠によって生理が止まると子宮内膜症の症状も緩和されるので、子宮内膜症に悩んでいて妊娠も望んでいるという人は不妊治療を行いましょう。ここでは、子宮内膜症になったときにどんな不妊治療を行うのか紹介します。

軽度であれば自然妊娠も可

子宮内膜症の症状が酷いと組織の変形などが起こっているため不妊症になることもありますが、軽度の場合は問題なく妊娠できることも多いです。検査によって妊娠に支障がないと判断された場合、自然妊娠を目指すことが可能です。医師に相談し、自然妊娠するためのアドバイスをもらいましょう。

手術療法で妊娠率を高める

軽度の子宮内膜症である場合でも、タイミング指導や人工授精を行っても妊娠できないことがあります。そうした人は、腹腔鏡手術を検討しましょう。変形した細胞を焼いたり癒着した部分を剥がしたりする治療によって妊娠率が高まります。

体外受精を検討する

手術による不妊治療を行っても妊娠が難しい場合は、体外受精を検討してください。不妊期間が2~3年を超える人、男性不妊が原因の人にも体外受精は効果的です。

子宮内膜症の症状が酷くなって卵巣の機能や卵子の質が低下すると体外受精の成功率も低くなります。年齢に関係なく、体外受精を考えるなら早めに取り組むようにしましょう。

ホルモン剤の用途を理解し不妊治療に役立てよう

ホルモン剤は子宮内膜症の治療だけでなく、排卵障害や着床障害などの治療にも使われています。即効性もあるため、早めに妊娠したい人にとっては非常に便利な薬剤です。

しかし、副作用などの影響で不妊治療を続けるのが難しくなってしまうこともあります。不妊治療を進めていく中で医師と相談しながら、負担にならない方法を提案してもらいましょう。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談