赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療の第一歩!病院で検査

不妊治療の第一歩!病院で検査

ここでは、病院での検査について詳しく説明しています。

ひとりで悩まず、まずは検査

不妊症の定義は「男女が妊娠を希望し、1年間避妊することなく性交を続けているのに妊娠しない場合」と言われています。

簡単にいうと、結婚して1年もあれば妊娠する可能性が高いということです。それなのに妊娠しないという事は、何らかの障害があると考えられています。

とはいえ、健康で何の問題のない夫婦やカップルであっても、1年以内に必ず子供を授かるとは限りません。ですから「きっと自分たちのどちらかが不妊症なんだ」と不安になったり、思い悩むのは時期尚早。かえってストレスがたまってしまいます。

まずは産婦人科やレディースクリニックなどに行ってきちんと検査を受け、「どうすれば妊娠しやすい環境が作れるのか」「もし、何らかのトラブルがあるなら、どうしたら改善できるのか」を把握することが大切です。

女性だけでなく男性も一緒に検査を

かつて不妊は「女性側に問題がある」という風潮がありました。「3年子なきは去れ」 などのひどい言葉も使われ、実際になかなか妊娠できない嫁を追い出したケースもあったようです。しかし、現代の医学では、男性側に問題がある症例も証明されています。

また、女性側・男性側に特化した検査もあります。できれば女性だけでなく、男性も一緒に受けるのが望ましく、これらを総合することで不妊の原因を突き止め、治療に生かしていきます。

不妊の検査には様々な方法があり、検査によっては受けるべき時期や条件などが決まっています。

病院選びも重要

通常の病気やケガとは違い、不妊治療には長い期間がかかる可能性があることを頭に入れておかなくてはいけません。症状によっては、治療内容を変えていくことも考えられます。

自宅から近いからと安易に決めてしまうと、後々になって治療方法が変わったときに病院を変更したり、余計なお金がかかってしまったりなど不都合が発生することもあります。

病院によっては、不妊治療の勉強会や講習会を開催しているところもありますし、ホームページでも情報を知ることができますので、事前にリサーチしてから病院を決めるのが得策です。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談