赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療の第一歩!病院で検査 » 【子宮】超音波検査・子宮鏡検査

【子宮】超音波検査・子宮鏡検査

ここでは、子宮鏡検査・超音波検査について詳しく説明しています。

超音波検査の内容

女性のお医者さん

超音波プローベを膣の中に挿入し、子宮や卵巣を調べる検査です。

患者さんにも画面がリアルタイムで見られるようになっているのが特徴で、プローベを膣内に入れる方法(経膣)と、おなかに当てる方法(経腹)がありますが、痛みはなく初診をはじめ様々な時期に行います。

たとえば、初診時には「子宮筋腫」「子宮腺筋症」は無いかなどの子宮の状態。また「卵巣嚢腫」はないかといった確認ができます。

排卵日の前後では、卵巣にできている卵胞の大きさや数を測定して排卵日の予想を行ないます。また、卵胞がつぶれて無くなっていれば排卵があったことが確認できます。

排卵前の検査では、子宮内膜ポリープなどの子宮内腔の異常も診断することが可能となります。

不妊治療の選択にも役立つ

超音波検査ではいろいろなことが確認できますが、子宮筋腫や子宮腺筋症の他にも「子宮形態異常」「卵巣腫瘍」「卵管留水腫態異常」などがわかります。

また、卵巣に多くの小嚢胞がみられる「多嚢胞性卵巣」は排卵が起こりにくい原因のひとつです。この状態の人は、排卵誘発治療を行うと「卵巣過剰刺激症候群」となることが多いので注意が必要になります。

このように「超音波検査」には、今後どのような不妊治療を選ぶかにも影響します。

子宮鏡検査でさらにチェック

「子宮鏡検査」とは、子宮内に細いカメラを挿入して子宮内部を直接観察するものです。胃カメラをイメージするといいでしょう。

「超音波検査」や「卵管造影検査」を行った結果、子宮内部の筋腫やポリープが疑われる原因不明不妊の場合などに行います。

検査の時間は10分程度。「痛いのではないか」と思われますが、通常は無痛で麻酔も必要ありません。ただし、出血が多い・子宮の入り口がかたい・極端に狭い・排卵後などは中止となることがあります。

検査時期は生理終了直後が最適です(目安としては月経5~10日目)。「子宮鏡検査」は保険が適応されるため、平均で3,000円程度、自費だと10,000円程度になります。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談