赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療の前に知っておきたい基礎知識 » 不妊症とは?

不妊症とは?

ここでは、不妊症について詳しく説明しています。

もしかして、「不妊症」かも?

不妊症に悩む夫婦

一般的に、10代後半~30代の女性が避妊を行わず定期的にセックスしていれば、1年で約8割、2年目で約9割が妊娠するとされています。それが2年以上経過しても妊娠の兆候がない場合、男性女性のどちらか、または両方に何らかの問題がある=不妊症と考えられています。

そのため、子作りを意識してから2年以上妊娠がないのであれば、不妊検査を受けることをおすすめします。

検査は様々なアプローチで行い、その結果から原因を判断し、その人(カップル)に合った治療を施していきます。ただし、検査を行っても、双方とも目立った問題がなく原因が特定できないこともあります。

このような不妊を「機能性不妊」といい、一方、検査をして原因が明らかになった場合を「器質性不妊」と呼んでいます。 

誰もが不妊症になる可能性がある

不妊症の原因が判断しにくい理由のひとつは、妊娠するまでの過程でいろいろな障害が発生する可能性があるからです。

たとえば「排卵障害」「卵管障害」が起これば、受精卵を作ることができません。また、精子に問題があると「受精障害」が発症します。さらに、受精卵が出来ても「着床障害」が起こると、妊娠することはできないのです。

妊娠のプロセスにおいて様々な「不妊症」が発生するわけですから、誰にでも起こる可能性はあります。ですから、「1年以上子供ができないのは不妊症。もう自分は妊娠できない」と決めつけたり、「妊娠できないのは自分のせいだ」と悩んだりせず、医療機関できちんと検査を行うことが大切です。

子供がいても「不妊症」の可能性

「すでに子供がいるのだから、不妊症にはならない」ということはありません。逆に二人目、三人目がなかなかできないケースもあり、その場合は「不育症」などが考えられます。

また、年齢も妊娠に大きな影響があります。女性の場合、一般的な妊娠適齢期は20代~35歳前後だといわれていますが、これ以上の年齢になるとどうしても加齢によって卵子も衰え、生殖能力が低下してしまうからです。

「不妊症」であるかどうかは、検査などであらゆる面から調査し、それに対して適切な治療法を見つけていくことが必要だといえるでしょう。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談