赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 不妊治療のステップ » その他の高度医療

その他の高度医療

ここでは、不妊治療の高度医療について詳しく説明しています。

卵管に移植してより自然な妊娠

不妊症に悩む夫婦

「タイミング法」に始まり、「人工授精」「体外受精」などを行っても思わしい結果が得られなかった場合、さらに踏み込んだ不妊治療を行うことがあります。

それが高度治療の「GIFT法」「ZIFT法」といった方法です。

「GIFT法(gamete intrafallopian transferの略。配偶子卵管内移植)」は、腹腔鏡を用いて卵子と精子を卵管内に戻す治療。

「体外受精」や「顕微授精」は卵子と精子を体外で受精させそれを子宮内へ戻しますが、GIFT法は体外に取り出した卵子と精子をそのまま一緒にして女性の卵管内へ戻します。

この方法を用いると、卵子と精子は卵管内で自然に近い状態で受精・発育していくことになり、体外受精に比べると妊娠率も高いといわれています。

GIFT法は受精障害で妊娠できない人に適した治療法です。しかし、2つある卵管のうちどちらか1つでも通っていることが条件となります。

また、卵管内への移植を行うため女性側の肉体的負担は大きくなります。費用も高額になりますから、助成金を利用することをおすすめします。

受精卵を卵管に戻すことで効果アップ

もう一方の「ZIFT法(zygote intrafallopian transferの略。接合子卵管内移植)」は、基本的な手順は「GIFT法」と同じですが、卵子と精子ではなく「受精卵」を卵管に戻す治療法です。

受精の確認ができるため、「GIFT法」で結果がでなかった、また免疫性不妊など卵管内で受精することが難しいと思われる人に効果が期待できます。

卵管に受精卵を戻す「ZIFT法」は、従来の「卵管で細胞分裂しながら子宮に移動する」という自然な妊娠プロセスに近い形となります。

「GIFT法」「ZIFT法」ともに成功率が期待できますが、どちらも女性の肉体的負担は否めず費用も高額です。また、多胎妊娠のリスクがある点にも注意が必要でしょう。

妊娠しやすい状況を作る「2段階胚移植法」

「2段階胚移植法」は、通常の「胚移植」に加えさらにもう一度胚盤胞を移植する方法です。

具体的にいうと、最初の胚を子宮内に戻した数日後に胚盤胞を移植します。
なぜそんなに面倒なことをするのかというと、最初に移植した胚に着床の準備をさせ、次に移植する胚盤胞の着床率を上げるのが目的だからです。

2段階胚移植法は、移植する胚の個数が多くなるため妊娠率は上がります。しかしその反面、多胎妊娠の可能性が増えるのは否めません。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談