赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド

基礎知識 まずは病院で検査 赤ちゃんが欲しい!不妊治療まるわかりガイド 不妊の原因とは? 治療で使う薬剤について
注目!不妊治療のステップ 気になる費用は

原因を調べ、自分にあった対策&不妊治療をしよう

CHECK!妊娠しやすくなるには? クローズUP不妊治療体験記
HOME » 妊娠しやすくなるには?おすすめ対策法 » 食生活を改善

食生活を改善

ここでは、妊娠しやすい食生活について詳しく説明しています。

身体を温める食材がポイント

食事中の女性

妊娠力を高めるには「身体を温める食材」を摂取することが大切です。

というのも、女性の身体は妊娠準備のために周期的(25~38日)に変化しています。卵巣ではホルモンの作用によって卵胞が発育・成熟。卵胞ホルモンが分泌されると、子宮内は妊娠に備え受精卵が着床しやすいように少しずつ厚く柔らかくなっていきます。

排卵が起こり、卵子と精子が結合し受精卵となって子宮内膜に着床すれば妊娠となりますが、妊娠しなかった場合は子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外へ排出されます。

身体が冷えると、血液の流れが滞って生理痛がひどくなり子宮の働きも悪くなるなど、不妊の原因になることがあります。血のめぐりが良くなり、身体を温める食事をとることをおすすめします。

冷やすものの中にも必要な食材がある

食物には「身体を温めるもの」「身体を冷やすもの」があります。身体を温めてくれる食材は、カブや大根、生姜、納豆、味噌、ココア、唐辛子、玉ねぎ、長ネギ、にんにくなどです。

逆に身体を冷やしてしまう食材には、きゅうり、トマト、牛乳、ヨーグルト、バナナなどがあげられます。ただし、身体を冷やす食材の中にも、摂取するべき栄養素が含まれているものもあります。バランス良く食事に取り入れることが大切です。

子宮に必要な栄養素もチェック

加えて「子宮に必要な栄養素を含んだ食材」も積極的に摂取するようにしたいものです。

子宮に良いとされる栄養素には、「タンパク質」「鉄分」「亜鉛」「葉酸」「ビタミンE」などがあります。これらの栄養素が含まれる主な食材は以下の通りです。

妊娠しやすい身体を作るには、これらの食材をバランスよく摂取することをおすすめします。好き嫌いがあれば、調理を工夫して食べるようにしましょう。

不妊治療の前に
知っておきたい基礎知識

妊娠しやすくなるには?
おすすめ対策法

不妊治療の第一歩!
病院で検査

不妊治療のステップ

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精

その他高度医療

不妊治療にかかる費用

不妊治療で使われる薬剤

不妊の原因

不妊治療・先輩たちの
体験談